知られたくない情報もとりあえず金庫へ?

jouhou_kinko-1

日本年金機構からの情報流出問題や、その他の企業からの個人情報流出、クレジットカード利用に関する情報流出など、最近では個人に関する繊細な情報の多くが流出する事件が多く起こっています。そしてそんな流出した情報は多くのケースで悪事を働くような団体が仕入れて、悪用されてしまうことが想定できます。そのため、企業ではこれらの情報を流出させないように努力をしてもらうとともに、私たち個人においても自分自身の情報を流出しないような努力が必要になってくるでしょう。このような時代背景もあることから、知られたくない情報もとりあえず金庫へ入れておけば良いのではないか?と思います。

金庫は一般的に金融資産などを保管するべき場所であると思われていますが、そうではありません。金融資産だけではなく盗まれてしまっては困るもの、第三者の目に入ると困ってしまうものなどを入れ、そして保管するために使用するものです。そのようなことから、個人情報についても私たちは金庫に入れてしっかりと保管するべきであると言えます。

詳しくはこちらの記事へ
→ 僕は自宅の金庫しか信用していない

そうしておけば、個人情報が他に流れるリスクを限りなく少なくできるでしょう。

ただ、金庫に大切な情報を入れておくと困ることもあります。例えば保険証や免許証などの常時身分証明書として使用する個人情報などは、金庫にしまっておいたままでは使用ができなくなりますので、それらの個人情報については金庫では保管することが現実的ではありません。その点についてはとりあえず金庫に入れてはおけないのがネックなところであるでしょう。

しかもダイヤル式金庫は度々開ける方法を忘れてしまいがちです。そんな時はこちらで開け方を確認しましょう。ダイヤル式金庫の開け方

どのような情報も私たちにとってはかけがえのない個人情報ですから、いつそれが流出して悪用されるかわかりません。そして悪用をされてしまうと多大なる損害を被ることすらありますので、そのようなことが起こらないようにするためにも、とりあえず保管すべき情報であり保管できる情報はとりあえず金庫に入れておくようにしましょう。